脱!ニコチン依存:禁煙治療薬チャンピックスの効果について

Close-up of  womman taking vitamin

依存状態を解消

drugs on hand

ニコチン依存、それは一説によれば大麻(マリファナ)依存よりもキツいものであるといわれています。
もちろんニコチンを含む煙草は大麻と違って神経を著しく弛緩させたりすることはありませんが、純粋に「依存度」という面から見ると、大麻に比べて煙草のほうがより危険なものなのです。なぜなら強い依存性を秘めているからです。
煙草に含まれるニコチンは、脳内でドーパミンという物質を大量分泌させる働きがあります。
この物質は快楽物質で、心と体をリラックスさせる効果があります……と、ここまでなら別にいいのですが、ニコチン依存が進むと、最終的にはニコチンがなければドーパミンが分泌できないようになってしまう、文字通りニコチンがなければならない体になってしまうのです!

チャンピックスは、このような仕組みで起こるニコチン依存症を治療することができる薬です。チャンピックスに含まれているバレニクリンという成分が、依存症を治療します。具体的には、バレニクリンがニコチンの代わりにドーパミン分泌のトリガーになるのです。つまりチャンピックスを飲めば、いわば煙草を吸っているときと同じことが体内に起こるわけで、体は自然に煙草を必要としなくなっていくのです。
実際、チャンピックスでドーパミンを放出できるようになれば、たとえ煙草を吸ったとしても「煙の不味さ」のみが際立ち、不快感を覚えるようになります。
こうして、完璧に煙草とお別れできるというのがチャンピックスの働きなのです。